あらゆる社会的ストレスから解放される 資産運用のすすめ

しんどかったら会社辞めればいいじゃん

 

こんにちは。「YURUKABU LIFE」運営管理人のヒラノサトシです。

これまで生きてきて疑問に思うこととして、なんでこんなに厳しい顔をして通勤してる人が多いのだろうかということです。まあ私も以前はサラリーマンだったので理由はわかります…。私も会社に行くのが苦痛で息苦しく感じ、最近話題になっている日大元監督のような周囲を怒鳴り散らしてパワハラ三昧の上司の顔が見たくなくなり、会社を辞めました。辞めるときには周りから、辞めてどうすんの?転職先はどこ?お金は?給料上がんの?と散々聞かれました。その時私は適当に回答してましたが、転職する気などさらさらありませんでした。だって働く=お金を稼ぐという行為をする必要性が薄れていたので。

お金があれば働く必要などない 労働からの解放

会社を辞めてからどこかの組織に所属して働くという行為を一切行っていませんが、資産は減るどころか増えています。それが答えですね。要するにお金があればおかしな会社に所属して苦痛を感じながら仕事をする必要なんてないんです。

お金を稼ぐ、増やすための方法はいろいろありますが、私は株式投資を選択しました。結果はこのブログを見ればわかる通り。いったん資産が膨らんだところでリスクを減らして優待株や高配当株を投資の主体とすれば、株主優待や配当金を貰うだけで手持ちの現金を支出する必要は薄れていき、また増えたお金を堅実な会社に再投資して確実にインカムゲインを得ることで、どんどん収支は良くなっていきます。

 

株式投資は怖い・危ないって煽りすぎでしょ(笑)

よく株は危ない・怖いと言われていて、実際私の友人でも株をしている人は驚くことにほとんどいません。思うに、株で大失敗してる人って、見るからに怪しい株にぶっこんだりしてるからだと思うんですよね。ツイッターなどでは「煽り屋」と言って、継続疑義注記のある赤字企業やら見るからにダメな会社を魅力のあるように見せて株を買わせるように仕向ける人もいますが、そういう怪しい株に資金集中・さらに信用2階建てでもしなければ、株で大失敗するなんてそうそうあるもんではないですよ。そういう危ない投資をして失敗した人にメディアがスポットライトを当てて紹介するから株は怖いと思われるんです。最近では短期で成り上がった人がよく「億トレ」としてメディアに紹介されてますが、私からみればリスクのある投資に走りすぎです。一瞬で膨らんだ大金は一瞬でなくなることもありえます。

お金を欲しいと思う人ほど焦ってリスクのある投資に走りがちです。堅実にいきましょう。

 

この「YURUKABU LIFE」ブログで発信したいこと

この「YURUKABU LIFE」ブログで私が発信したいのは、

従来の生き方にとらわれない新しい価値観

を模索・発信すること。厳しい顔して体調を崩しながら仕事をする必要なんてない、つらかったら辞めればいい、ゆる~く生きましょ、人生どうにでもなるもんですよ、ということを伝えたいです。

テーマとしては、

・株式投資に関すること(短期~中長期投資の運用手法)

・株主優待に関すること(株主優待の紹介)

・株主総会に関すること(株主総会の紹介・株主総会のお土産紹介)

・旅行記(旅行が趣味です笑)

・読んだ本の紹介

などをおこなっていきます。面白いことを考えたら、それを遠慮なく発信します。キーワードは、働かなくてもいいくらいお金を増やすことで「あらゆる社会的ストレスからの解放」を目指すこと。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。